2010/8/7

日本船籍で世界に勇躍するパシフック・ビーナス号26,594トンのデイナーフルーズに乗船して!1。  

8〜9世紀遣隋・遣唐使船の時代から西域の文物は日本国に入っていた。その後のスペインの大航海時代になると、ポルトガル・オランダが日本を訪れ、日本も朱印貿易で広く東南アジア方面に文物の交流を始めた。更には多くの日本人街も当時出来てきた。日本の港は、平戸、長崎、博多,堺、沖縄では首里の港、中国では杭州、寧波(にんぽう)、泉州(ちゅうんちょう)、広州、マカオ、フリッピンではケソンに日本人町もできた。更にベトナムではハイフオン、ツーラン、フエフオ、サイゴンに日本人町ができ、フエ,ダナン、ブイン、世界遺産のハロン湾との交流、更にはカンボジアのビニヤルー、タイ国では山田長政で有名なアユタヤに日本人町が出来た。今のブルネイ王国のブルネイ、マレーシアのマラッカ、ジョホールバールにも日本人町が出来ていた。そのような時代や海外移住の時代には多くの日本船が活躍・躍動していた。現代ではこの日本船籍・大阪港登録のパシフイック・ビーナス号1998年4月登録で26,594トン全長183.4メートル、乗客数644名の「舞鶴・丹後(天橋立)サンセットデナークルーズ」参加した!

1.日本国と交流の各国の港と日本人街のあった所
クリックすると元のサイズで表示します

2.パシフイック・ビ-ナス号の舞鶴から天橋立デイナークルーズのパンフレット
クリックすると元のサイズで表示します

3.西舞鶴第三埠頭(駐車場)から海上保安庁の巡視船を見る
クリックすると元のサイズで表示します

4.第3埠頭から見る威容を誇るパシフイックビ-ナス号(12階建、エレベーター3機、全長183.4メートル、238室、喫水6.5メートル、巡航速力18.5ノット)
クリックすると元のサイズで表示します

5.第二埠頭に係留中のパシフイックビーナスの後部)
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上 その2。
クリックすると元のサイズで表示します

7.乗船受付(JTB福知山支店120数名貸切りバス4台で到着)小生はビーナルトラベルヘ申し込んでいた。後輩ガ挨拶に来てくれた、やっぱり今後はJTBにする!)
クリックすると元のサイズで表示します

8.乗船口(ギャングウエーは6階から1人ずつつと狭い、喫水線6.5メートルだからです)
クリックすると元のサイズで表示します

9.7階乗船口のラウンジから10階まで吹き抜け!
クリックすると元のサイズで表示します

10.同上 その2.
クリックすると元のサイズで表示します

11.8階の甲板から見る西舞鶴の五郎ヶ岳展望台
クリックすると元のサイズで表示します

12.16時20分〜16:40分「サイルアウエー舞鶴」第二埠頭岸壁や8階甲板での盛大な出航セレモニーその1.
クリックすると元のサイズで表示します

13.同上 その2
クリックすると元のサイズで表示します

14.同上 その3.(船上8階の甲板でセント・ロペスバンド & エレンとサービススタッフの演奏と踊り」
クリックすると元のサイズで表示します

15.同上 その4.(乗船客もリズムに合わせてジルバを踊る)
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ