2010/6/21

初夏の京都・洛北・洛中の社寺を訪ねて!その5.栄西が開山の京都最古の禅寺・建仁寺  文化財研修記

建仁寺(臨済宗建仁寺派大本山)は我国に臨済宗を伝えた明庵栄西(みょうあんえいさい)・開基は源頼家で、が創建した京都最初の禅寺で京都五山の筆頭寺院である。栄西没後寺勢は一時衰えたが、正嘉2年(1258)弁円(東福寺開山)が10世として入り、次いで蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)が11世となり文永2年(1265)禅宗専一となり至徳3年(1386)五山の制で第3位となった。この建仁寺が特に有名になったのは落款も印章も無いが国宝の俵屋宗達の真作で晩年の最高傑作の「風神雷神図屏風」である。

1.乗用車であれば祗園花見小路(やっぱ舞妓さんが見えた)を通り駐車場へ行ける。
そして建仁寺への入口へ歩く。駐車料400円、拝観料500円
クリックすると元のサイズで表示します

2.国重文の方丈への入口
クリックすると元のサイズで表示します

3.国宝の俵屋宗達筆「風神雷神図屏風」レプリカ
クリックすると元のサイズで表示します

4.方丈(国重文・室町時代)から見る枯山水の「大雄苑庭園」
クリックすると元のサイズで表示します

5.方丈から巨大な仏殿を見る
クリックすると元のサイズで表示します

6.方丈から枯山水「大雄苑庭園」全体を見る
クリックすると元のサイズで表示します

7.豊臣秀吉ゆかりの茶室「東陽坊」へ
クリックすると元のサイズで表示します

8.豊臣秀吉ゆかりの茶室「東陽坊」
クリックすると元のサイズで表示します

9.写経の間
クリックすると元のサイズで表示します

10.勅使門(国重文・鎌倉時代)
クリックすると元のサイズで表示します

11.枯山水の大雄苑と国重文の方丈を見る
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる下記をクリック願います!



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ