2010/6/13

平城遷都1300年祭を見る。その2.西ノ京・天平文化を今に伝える薬師寺・唐招提寺近辺  文化財研修記

今回のk研修旅行の目的地は「平城遷都1300年・平城宮」の復興された「朱雀門」道幅75メートルの朱雀大路、「第一次朝堂跡」「第一次大極殿」(中国では太極殿と書いている)です。其れを見学するガイドツアーが午後2時15分スタートなので、平城京の西ノ外側にある所謂「西ノ京」を散策した。そこには天平文化を今に伝える西大寺、唐招提寺、薬師寺といった大寺院が佇んでいる。次回はいよいよ平城宮へ行きます。

1.六条柳町から近鉄線を挟んで世界文化遺産登録「薬師寺の西塔」が見える。
クリックすると元のサイズで表示します

2.現在の薬師寺北口(元の北門は之よりずっと北の唐招提寺近くにあった。)
クリックすると元のサイズで表示します

3.現在の北口「興楽門」
クリックすると元のサイズで表示します

4.薬師寺北門から唐招提寺方面へ歩いていくと左手に元の豪商・豪農の長屋門付きの住宅がある。その一。
クリックすると元のサイズで表示します

5.同 上 その二。
クリックすると元のサイズで表示します

6.昼食の店「大納言」(ここも元は薬師寺の敷地であった)
クリックすると元のサイズで表示します

7.熱々のてんぷら定食で大満足
クリックすると元のサイズで表示します

8.世界文化遺産登録「唐招提寺」の南大門
クリックすると元のサイズで表示します

9.南大門から唐招提寺の国宝・金堂を見る。
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ