2010/5/23

熊野新宮神社の左右一対の藤棚が満開  古木名木

藤の開花季節を迎え保留していた並松町の熊野新宮神社の藤棚を取材した。
綾部の古木・名木100選 No18:藤(ノダフジ)マメ科 幹周1.45m(高さ31cmでの幹周)

藤棚は高さ2.5m 東西13m 南北4m。枝葉は良く茂り、薄紫色の花房をつける。綾部では幹周でもっとも太い。左側のフジはこれより若く、花房は白色。

クリックすると元のサイズで表示します
境内参道を進み本殿前広場向かって左(西)の藤棚
クリックすると元のサイズで表示します
参道をはさみ右側(東)の藤棚
クリックすると元のサイズで表示します
花房が下がっている
クリックすると元のサイズで表示します
左の藤棚の下に綾部自然の会の立てたコマ札が立つ
綾部の古木・名木100選 フジ(マメ科 幹周1.5m
クリックすると元のサイズで表示します
左の藤棚の幹
クリックすると元のサイズで表示します
見上げると緑の天蓋の上にたくさんの花房が咲いている




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ