2009/12/3

紅葉の大徳寺と仁和寺を訪ねて5  文化財研修記

綾部の文化財を守る会の秋の研修旅行は秋の好天に恵まれ、紅葉の大徳寺に続き、午後は世界遺産・旧御室御所の仁和寺を訪れました。国宝・金堂などスカイガイドさんの案内で拝観したあと、王朝の雅を今に偲ばせる辰殿や書院と対照的な二つの庭園を楽しみました。
クリックすると元のサイズで表示します
真言宗御室派の総本山・仁和寺の本坊表門をくぐる一行
クリックすると元のサイズで表示します
御殿入口に進む
クリックすると元のサイズで表示します
御殿に入り掛けられていた書画
クリックすると元のサイズで表示します
青松、白砂の美しい南庭を拝観
クリックすると元のサイズで表示します
白書院の壮観の額と青松のふすま絵
クリックすると元のサイズで表示します
青松のふすま絵と床
クリックすると元のサイズで表示します
掛けられていた軸
クリックすると元のサイズで表示します
南庭の正面の勅使門
クリックすると元のサイズで表示します
白書院の縁台から南庭を拝観する2号車の一行
クリックすると元のサイズで表示します
白川砂を敷きつめ、簡素な美を表した南庭と勅使門、仁王門を観る
クリックすると元のサイズで表示します
辰殿に進み、池を配した見事な紅葉で晴れやかな北庭を拝観
クリックすると元のサイズで表示します
遠景の五重塔と飛壽亭
クリックすると元のサイズで表示します
辰殿の回廊を回り込んで行き北庭の変化を楽しむ
クリックすると元のサイズで表示します
黒書院に進みながら北庭を観る
クリックすると元のサイズで表示します
黒書院のふすま絵と床
クリックすると元のサイズで表示します
黒書院のふすま絵

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!





コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ