2009/10/16

綾部市でもっとも古い歴史の式内社・河牟奈備神社創建1300年祭が実施された!  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」口上林地区(くちかんばやしちく)の十倉名畑町にある綾部市でも最も古い神社の式内社・河牟奈備神社(かむなびじんじゃ)で10月12日(祭)午前10時から創建1300年祭が実施された。同神社の創建は和銅二年(709)とされており、祭神は天下春神(あまのしたhらうのみこと)で、かの有名な「天の岩戸」で天照大神が岩穴にお隠れになり、天地が真っ暗になり、八百万(やおろずの)の神に知恵を授けて、天照大神を岩穴から引き出した神話。その知恵を授けたのが八意思兼命(やごごろおもいかねのみこと)の孫とされる神様です。尚境内社の阿上神社の御神体の石碑は綾部市最古のもので綾部市指定文化財である。最期をクリックして見て下さい。

1.神明式の木の大鳥居と幟(のぼり)
クリックすると元のサイズで表示します

2.大鳥居の扁額(へんがく)
クリックすると元のサイズで表示します

3.久保健治宮司様の大鳥居のお祓い
クリックすると元のサイズで表示します

4.新設の赤の鳥居と多くの参拝者
クリックすると元のサイズで表示します

5.創建1300年蔡儀式開始  午前10時
クリックすると元のサイズで表示します

6.参列者へのお祓い
クリックすると元のサイズで表示します

7.祝詞奉上
クリックすると元のサイズで表示します

8.四方八洲男綾部市長玉串奉納・他代表者略
クリックすると元のサイズで表示します

9.第二部:氏子総代・永井忠之氏(綾部の文化財を守る会常任幹事)のご挨拶、久保宮司、四方市長のご挨拶もありました。
クリックすると元のサイズで表示します

10.神心流詩吟の会(祝賀詩、京の月、曾我兄弟等)
クリックすると元のサイズで表示します

11.太鼓の奉納 他にマジックショーや三味線の演奏等もありました
クリックすると元のサイズで表示します

12.明治政府教部通達28号で明治9年に描かれた河牟奈備神社(京都府総合資料館提供)
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!


河牟奈備神社の詳細は下記をクリック願います。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/166.html



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ