2009/10/4

京都府指定文化財の見事な拝殿を持つ式内社・高倉神社の秋祭り幟立て!  綾部の文化財

長らくご無沙汰でした「花と綾部の文化財」再開です。京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」吉美(きみ)地区は式内社の高倉宮以仁王(たかくらのみやもちひとおう)を祀る高倉神社がある。歴史好きの皆様がご存知の通り、以仁王は源頼政と共に、平家打倒の綸旨を出し京都府宇治市で亡くなられたと偽り、京都府綾部市の里町に逃れてきて、此処で矢傷のため亡くなられ、後、高倉の森に移されここで祀られたのです。拝殿は京都府指定文化財で見事な彫刻で知られています。10月4日午前8時から多田町の天満宮並びに高倉神社(一の宮)の三ノ宮で11日(日)の幟立(のぼりたて)と祭りの準備が行われた。次いで午後1時から高倉神社で幟立てと祭りの準備が行われたので見てください。10月11日(日)の秋祭りで小学生が踊る「ヒヤソ踊」りは綾部市指定無形民俗文化財です。

1.午前8時から吉美地区多田町の天満宮・三ノ宮神社の幟立て全戸参加で挨拶される自治会長
クリックすると元のサイズで表示します

2.天満宮・三の宮神社の幟立て
クリックすると元のサイズで表示します

3.参道は砂で清められ出来上がりです
クリックすると元のサイズで表示します

4.参道の両脇の木々も剪定(せんてい)され美しくなります
クリックすると元のサイズで表示します

5.高倉神社の幟立その一。神輿蔵から御旗、鉾、天一大明神の御旗等を出す)午後1時から
クリックすると元のサイズで表示します

6.神輿台の準備(神輿は10月11日秋の大祭当日朝据え付ける)
クリックすると元のサイズで表示します

7.天一大明神御旗等を準備する
クリックすると元のサイズで表示します

8.幟の一番上に付ける「榊(さかきのき)」を準備する
クリックすると元のサイズで表示します

9.高倉神社正面の幟立て準備中
クリックすると元のサイズで表示します

10.幟が立ったところです。
クリックすると元のサイズで表示します

11.幟を据付石にボルトにナット、綱で2ヶ所確り結び更に隙間に杭を打つ
クリックすると元のサイズで表示します

12.高倉神社では正面に2本の幟、他の2ヶ所にそれぞれ2本の幟で合計6本の幟が立ちます(他のところへ、幟立てを移動中、工夫されています)
クリックすると元のサイズで表示します

13.二番目の幟立ての場所で準備中
クリックすると元のサイズで表示します

14.二番目の箇所の幟が立ちました
クリックすると元のサイズで表示します

15.三番目の箇所の幟です
クリックすると元のサイズで表示します

高倉神社のホームページは下記をクリックして見てください。
http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/shrine/12/49/index.html



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ