2009/8/19

精霊送り火の松明行列(300本)が盛大に逝く夏を惜しむ1  綾部の文化財

綾部町区仏教会10ケ寺(玄功寺、西福院、浄光寺、正暦寺、心田院、千手院、宝積寺、宝住寺、隆興寺、了園寺)による合同の精霊送り火が300本の松明行列によって盛大に行われました。
正暦寺から対岸の笠原神社下の川原まで綾部大橋をわたり約1キロメートル、松明行列の火が川面に映え見事な風情で逝く夏を惜しみました。合掌
クリックすると元のサイズで表示します
清めの儀:松明行列の参加に各寺から集まった大勢の人々に見守られ、正暦寺の不動堂では赤々と焚かれた護摩に向かい、顔を布で隠した白っぽい装束の僧侶や行者の方々が導師の先導で読経
クリックすると元のサイズで表示します
代表して御先祖の冥福を祈る願文を読み上げられる正暦寺檀徒総代:由良源太郎氏
クリックすると元のサイズで表示します
護摩から採火して不動堂を降りる各寺院の御住職など
クリックすると元のサイズで表示します
導師と先導を勤める行者の方々に続いて・・
クリックすると元のサイズで表示します
赤々と燃える松明を見守る人々
クリックすると元のサイズで表示します
正暦寺の長い参道石段を松明を手に降りる
クリックすると元のサイズで表示します
JR京都線の踏切をわたる二人がかりの中松明
クリックすると元のサイズで表示します
点火の儀:由良川河畔に設けられた祭壇を前に船着場の石段に並ぶ導師と松明
クリックすると元のサイズで表示します
中松明から祭壇に火が移され赤々と護摩火が焚かれる。祈祷を込める中山勝美氏の先導で、数人がかりで行列の先頭を勤める大松明に火が移される
クリックすると元のサイズで表示します
赤々と焚かれる祭壇から手に持った小松明に火をつける参加者一同
クリックすると元のサイズで表示します
火に照らされて輝く人々
クリックすると元のサイズで表示します
松明を手に右から降り、火をつけた松明を持って左から石段を登る
クリックすると元のサイズで表示します
正暦寺下の船着場広場で御詠歌の演奏に送られて、300本の松明行列が出発

(注)盆の夜は、家に帰ってきていた精霊が再び幽界に帰るというので門口に送り火を焚いて送りだすしきたりがあります。これを精霊送りといいます。そして盆の間に精霊に供えた供物を川や海に流します。
 綾部地区仏教会では、由良川の美しい自然環境保全のため河川での万灯会などを止め、この松明行列で由良川の自然を守るエコ活動に代えられました。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ