2009/8/8

綾部の街のギャラリー・喫茶のある、街の小さな博物館・文化と癒しの館「燦々堂(さんさんどう)」  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」旧綾部町のど真ん中本町3丁目ITビル前には昨年出来たギャラリー・喫茶のある、街の小さな博物館・文化と癒しの館[燦々堂(さんさんどう)]がある。之は府からの少しの援助を元に当会(綾部の文化財を守る会)会員約400名の副会長宮本太資氏が主催する「あやべ蒐集財振興会”彩工房”」が昨年から経営を始めた本当に心を癒してくれる所です。喫茶、10品のおまかせ昼定食700円追加珈琲200円を楽しみながら見る、彼が数十年かけて蒐集した、軸物・陶磁器・古布等!誠に素晴らしく小生しばしば、昼食に出かけます。但し、この格安の昼のおまかせ定食は数に制限がありますので、お早めに!朝9時〜午後6時まで開店。毎週火曜日と年末年始はお休み。乗用車7台が横の駐車場に置ける。展示会場を借りて展示も出来ます。展示棚(幅約6.5メートル)一日2千円、和室・土間一時間千円(お茶会、お花教室等で利用されています)。珈琲一杯300円、ケーキセット500円が女性の人気コース、勿論700円のおまかせ定食も!あやべ蒐集振興会”彩工房”会長宮本太資氏のご挨拶「この度、文化と癒しの館[燦々堂]は、築約80年の金物店「宮本三光堂」を改装し、和室とギャラリーを兼ね備えたスペースとしてオープン致しました。丹波地方の文化的なものを残すことと理解を深めることに加えて、お茶会や囲碁会、音楽会など、高齢者交流の場として又、歴史文化財の展示による憩いの場、生涯学習の場として、皆様のご支援で多目的にご利用いただければと思っておりますので宜しくお願い申し上げます。」

1.燦々堂正面
クリックすると元のサイズで表示します

2.店頭前の店内案内板
クリックすると元のサイズで表示します

3.地元産の桃4個500円店頭販売です
クリックすると元のサイズで表示します

4.地元の花束たったの300円店頭販売です
クリックすると元のサイズで表示します

5.店内その一
クリックすると元のサイズで表示します

6.店内その二
クリックすると元のサイズで表示します

7.店内その三
クリックすると元のサイズで表示します

8.和室前の衝立(陶器、掛軸、古布の販売も行われています)
クリックすると元のサイズで表示します

9.8月8日(土)のおまかせ昼定食10品で700円おいしかったよ!
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ