2009/7/30

伝統ある第311回熊野新宮神社」の神事が7月28日に全面公開  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」並松町には熊野新宮神社がある。この神社は2つの大祭で名馳せる神社として知られている。1つは毎年1月10日に開催される境内社の「恵比寿神社の「恵比寿祭」、もう1つは之も毎年7月28日に開催される「水無月(みなつき)大祭」である。この神社は、私ども「綾部の文化財を守る会」とは深い関係がございます。昭和44年12月10日創立で当時の初代会長はこの神社の宮司様でもありました故・出口榮二先生でありました。今年、創立40周年を迎えます。5年前の平成16年11月30日には西町にあるITビルの2階を貸切って「創立35周年記念式典」を実施しました。その時の記念事業として始めたのがこのインターネットのホームページ「綾部の文化財」であります。この35周年記念式典では出口榮二先生はご健在でありまして、本日ご来賓の四方八洲男市長様から27名もの「市長感謝状」頂かれた内の一方でもあります。「何故35年前この会が結成されたのか!」と云うご説明の話を元気な迫力ある言葉で説明頂きました。その守る会の意思をついだ私どもがこの神事を日本中に知らしめたいの願いの元に取材に来させて頂きました。故・出口榮二先生は当時このように云っておられます。「古来、水は神聖なものとしてして親しまれ、罪や穢(けが)れを祓(はら)い清め天地自然の安定正常化の中に人間的存在、社会の平和と繁栄を神に祈る大切な神事が毎年6月と12月の晦日に執り行われてきた。その後、12月の祭りは廃絶し、6月の祓いのみがのこってこの名で呼ばれようになった。」と。後略。7月28日実施されたこの神事については出口孝樹宮司様の特別許可を頂き、いつもご参拝頂いても見て頂けない神事を公開ささせて頂くことになったわけであります。お陰様で私度ものHP「綾部の文化財」はこの5年弱で延べ8万名を超える全国の方々に見て頂いて居ります。神事の詳細を順次見て頂きます。

1.午前9時45分司会の方の合図で「綾部太鼓保存会」のベテラン3名による勇壮な「綾部太鼓」の奉納です。先ず一人で打つ「一人太鼓」です
クリックすると元のサイズで表示します

2.同上 奉納二番太鼓「二人打」(二人で太鼓を打ちます、勇壮な力強い太鼓ですから右の控えての方と順次交代して打ちます)
クリックすると元のサイズで表示します

3.同上 奉納三番太鼓「三人打」(出演者の三人が同時に力強く勇壮に打ちます)
クリックすると元のサイズで表示します

4.神社関係者による「宮司様並びに祭員にご出座を促す合図の太鼓」
クリックすると元のサイズで表示します

5.宮司様・祭員の禊(みそぎ)
クリックすると元のサイズで表示します

6.宮司様・祭員は祓所」向かう
クリックすると元のサイズで表示します

水無月大祭
7.「祓所での宮司様・祭員の儀式」その1.
クリックすると元のサイズで表示します

8.「祓所での宮司様・祭員の儀式」その2.
クリックすると元のサイズで表示します

9.拝殿への宮司様のお参り並びにお払いのの儀式
クリックすると元のサイズで表示します

10.参列者・ご来賓・一般参列者へのお祓い
クリックすると元のサイズで表示します

11.拝殿の座席へ移動される宮司様・祭員
クリックすると元のサイズで表示します

12.所定の位置に宮司・祭員着いた後、「宮司一拝」(参列者一同合わせて拝礼)
クリックすると元のサイズで表示します

13.祭員神饌「(しんせん、神の食事)」を供される(おそなえ)祭員
クリックすると元のサイズで表示します

14.宮司様「水無月大祭祝詞」奉す
クリックすると元のサイズで表示します

15.宮司様が玉串を奉され拝礼(禰宜・祭員一同列拝)後一番の玉串奉納は四方八洲男綾部市長、森永功綾部市議会議長、佐々木幹夫京都府会議員等のほか来賓の玉串を奉りて拝礼
クリックすると元のサイズで表示します

16.故出口榮二先生の奥様直美さまの玉串奉りて拝礼
クリックすると元のサイズで表示します

17.参列者の玉串奉りて、そして、祭員の神饌(しんせん、神の食事)を撤すの後に、出口孝樹宮司様から参列のご来賓並びに一般の参拝者の方々に参列御礼のことばがありました。更に当神社が「綾部に鎮まりになって一千年を経す」という当神社の縁記を延べられ更に「かわりゆく代の中にあって、これからも変わらぬお宮であり続けるよう微力ながら務めさせて頂きたい」と参列者の方々に謝辞を述べられる宮司様
クリックすると元のサイズで表示します

18.ご来賓を見送られる宮司様1.
クリックすると元のサイズで表示します

19.四方八洲男綾部市長を見送られ言葉を交わされる宮司様2.
クリックすると元のサイズで表示します

このインターネットホームページ「綾部の文化財」を創立35周年記念事業とし当時、11月30日にはある程度の内容をスライド映写しようと役員一同が決めたのですが、パソコンが使え、デジタルカメラで写真が撮れ、それを又、会報やHP(ホーム頁)に文章とも入力し、更に子古文書も読めれば理想的なHP担当となるのですが、そのような人物は少なく、パソコンの権威・鍋師有理事をHP担当委員長、小生会報担当の事務局長の為HP副委員長となりましたが、カメラ・パソコン音痴で毎日の如く鍋師兄を自宅に呼びたて助けもうらう日々は5年後の今も変わらずです。当神社に関係する失敗談も掲載されて居ます。クリックしてみてください。

熊野新宮神社「熊野神社迷走記」
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/kumanoa/kumanoa.html
大本教と熊野新宮神社
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/291.html
第309回熊野新宮神社「水無月大祭」とYURAGAWA ROCK FESTVAL,「あやべ良さ来い踊り」
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/327.html
熊野新宮神社の境内「恵比寿神社の恵比寿祭り」七福神の巡航
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/382.html



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ