2009/7/20

花が咲いていた旦寺の「ハリギリ」  古木名木

旦寺と云う寺院はなく地名である。四つ尾山に波多野記念碑から登り、頂上を過ぎて夕日が丘の配水タンク上部に出る縦走路を更に西に「上延コース」を下るとこの「旦寺」に出る。
そこに鳥居が立ち、小さいながらも社があるので、旦寺と呼ばれる寺もあったと思い違いしていた
。「丹の国綾部の写真集」でも「旦寺の竹細工」として紹介されている。その竹細工工房に立ち寄り、社の上に見える四つ尾山山麓の森の中の樹木かと尋ねると、もっと下の森の中ではと教えられた。いつもの散歩道を安場川まで下り、橋を渡らず一番下の道を回りこむと道路際に「綾部の古木名木百選No.24:ハリギリのこま札」と、中筋自治会のこま札が建てられていた。
クリックすると元のサイズで表示します
いつもの散歩道傍に鳥居が建つ 大正7年10月 背後は竹細工に相応しい竹林
クリックすると元のサイズで表示します
同じく大正7年10月の石灯籠と小さなお社
クリックすると元のサイズで表示します
もう一つ小さなお社がある。背後に四つ尾山山麓の森が見える
クリックすると元のサイズで表示します
綾部の古木名木100選No24:ハリギリ(ウコギ科)樹周:3.10m 樹高:30m 上延町旦寺自然林中のコマ札 
クリックすると元のサイズで表示します
白っぽい花の咲いているハリギリ
クリックすると元のサイズで表示します
携帯電話の付属カメラなので、コマ札も花も上手く撮れない

所在地は次のMAPIONの地図を参照ください。
 http://www.mapion.co.jp/m/35.2937919444444_135.238962777778_9/



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ