2009/7/18

由良川の四季 並松周辺八景 カヌー練習  綾部の文化財

吊り橋状のブリッジがかかるR173の新丹波大橋の下あたりから綾部井堰に堰きとめられた静水面が始まる。味方側には笠原神社がある。
クリックすると元のサイズで表示します
綾部高等学校に「カヌ−部」があり活動している。艇庫は左岸、正暦寺の参道石段下に設けられている。
クリックすると元のサイズで表示します
国の有形登録文化財に指定された綾部大橋の下を遊泳するカヌ−。京都国体では上流の和知で「カヌ−競技」が行われた。「丹波ライン」の渓流なので、和知から連続しての遊泳も出来るようだ
クリックすると元のサイズで表示します
この日は、赤、白、黄色の三艘が綾部大橋の下をくぐり何回も回遊していた
クリックすると元のサイズで表示します
いかにも楽しそうだ
クリックすると元のサイズで表示します
手作り筏で川を下る「由良川下り」の行事があるが、この静水面に入ると殆ど動かないので、ゴ−ルするまで一苦労する所である



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ