2009/7/16

滔々と流れる綾部井堰の景観を楽しむ  綾部の文化財

遠く京都市北部である芦生の源流から美山、和知と流れくだり、京都北部を流れる大河「由良川」の水流が、しばし静止する綾部井堰を写した
クリックすると元のサイズで表示します
綾部井堰、この上流は広々とした水面で、ボ−ト遊びも出来る
クリックすると元のサイズで表示します
綾部大橋が見える。市内に入る一方通行の車道で、大本節分祭の人型流しは、この橋の上から行われる。大本では由良川を和知川と呼び、弥仙山と和知川を毎朝の祈りの言葉の中で、たたえられている
クリックすると元のサイズで表示します
四角いブロック平面を流れる
クリックすると元のサイズで表示します
綾部井堰を流れる水流
クリックすると元のサイズで表示します
重なった段を次々と泡を立てて流れる
クリックすると元のサイズで表示します
綾部井堰下流からの全景



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ