2009/7/14

ぶらり城下町宮津を歩く!第9回今回のハイライト浄土真宗の古刹佛生寺  綾部の文化財

ぶらり城下町宮津を歩く!は第9回目となったが、第1回から第4回目は導入部分で小生にとっては不本意であった。この第9回目に初めて読者の皆様のご期待に添える記事となった。浄土真宗本派本願寺(ほんぱおんがんじ)即ち、西本願寺派(お西さん)の古刹である「佛生寺(ぶっしょうじ)」を紹介します。織田信長の命により、丹後攻めを開始した細川幽斎(実は将軍義輝の異母兄)は天正八年(1580)に田辺(今の舞鶴)に進攻、この地の海岸に城(田辺城)を築こうとし、この地の巨大な力をもつ一向宗(浄土真宗)集団の力を借りることとし、その有力者の楠正成(くすのきまさしげ)の末裔・楠源吾「後、明誓上人(めいせいしょうにん)」に娘を嫁がせ縁戚として力をかりた。そして、田辺城(古今和歌集伝授・綾部山家藩谷の空鉄砲でも有名)を完成し、明誓上人にはこの田辺の地に見事な一向宗の寺「瑞光寺」を建立した。又楠源吾は武術・楠流ゲリラ戦にもたけており息子・忠興の武術の師にも迎えられている。この明誓上人の隠居寺として建立されたのが宮津市の「佛生寺」である。綾部市にある同派の「浄光寺」の三つは兄弟寺として今日も栄えている。さて小生綾部から来たこと知り、この佛生寺の鷲尾住職の好意により、1時間近くも山門、細川九曜紋(ほそかわくよううもん)、幕末の勤皇画家・佐藤正持(さとうまさもち)、見事な欄間の話を拝聴した。綾部山家藩の谷の空鉄砲の話などは読者諸氏は良く知って居られると思うので割愛する。
編集後記:後日、旧綾部町内広小路の浄土真宗「浄光寺」を訪ねてみた。不在なので近所の方にご住職の姓は「楠さん」かと訪ねると確かに楠さんだとの事、楠正成の末裔ですね!と確認すると!楠正成?の答えであった。この綾部に楠正成の末裔が実在して居られるのです。上杉謙信公の上杉の姓は綾部の上杉庄からきたことはかなりの方々がご存知ですが、さすがの私も綾部に楠正成公の末裔が実在して居られることを初めて知った。明治初期の調査の何鹿郡(いかるがぐん)寺院名簿は手元に無いが、電話町で調べてみるとその寺の付近に3件の楠姓の家が実在しているので後日アポイントを取り訪問予定です。その節はこの日誌で報告します。

1.佛生寺の唐風の屋根を導入している見事な山門とその裏手に本堂が見える。
クリックすると元のサイズで表示します

2.山門の見事な浮き彫り彫刻
クリックすると元のサイズで表示します

3.山門に浮かぶ「細川九曜紋(ほそかわくようもん)とその云われ:当初細川家の家紋は板倉巴九曜紋(ともえくようもん)とよく似ていたが延享四年(1747)に江戸城本丸にて第七代細川宗孝が家紋故、間違われて板倉修理に刺殺(江戸城本丸七刺殺の一つ)され、その後、間違われないようにこの紋となったと云う。と云うと、この門は細川家が熊本に移封された随分後で創建された山門と云うことになる。
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な須弥檀(しゅみだん、仏壇のこと)と本尊阿弥陀如来像
クリックすると元のサイズで表示します

5.美しいお顔の阿弥陀如来様(正面から撮影出来ず残念)
クリックすると元のサイズで表示します

6.正面の見事な須弥檀の両側の襖には幕末の勤皇画家・佐藤正持の大変珍しい「源氏物語・明石にいる明石君の処に光源氏を迎えに!帰京後、光源氏は大納言に昇進す!」が描かれている。
クリックすると元のサイズで表示します

7.本堂内の巨大な梁の欄間(らんま)の浮き彫りは見事だ!その1.
クリックすると元のサイズで表示します

8. 同  上  その2.
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ