2008/12/13

しばらく京都を旅しょう!最終回・臨済宗相国寺派大本山相国寺の山外塔頭寺院で有名な金閣寺です!  文化財研修記

しばらく京都を旅しよう!最終回の10回目は京都五山の一つ臨済宗相国寺派大本山・相国寺の山外塔頭寺院でかの有名な足利3代将軍義満の法名を取ってつけられた、「金閣鹿苑寺(きんかくろくおんじ)を四年振りに訪れました。相変わらずの多くの参拝者(と云うより見学者)が多く、修学旅行生も又多かった。変わらぬ黄金の「金閣寺」は燦然と輝き、いつ見ても見事なものだ!!今回は最後に京都五山・鎌倉五山について見たい方は最後をクリックしてください。

1.金閣寺山門
クリックすると元のサイズで表示します

2.金閣寺の参道と鐘楼(1打200円の価値はある,音色が大変いい)
クリックすると元のサイズで表示します

3.金閣寺と鏡湖池
クリックすると元のサイズで表示します

4.松林越に金閣寺をみる
クリックすると元のサイズで表示します

5.足利義満本人が植えた「陸船の松」(京都三松の一つ)
クリックすると元のサイズで表示します

6.金閣寺はバックシャン、夕日を浴びて燦然と輝く金閣寺
クリックすると元のサイズで表示します

7.義満がお茶の水に使った「銀河泉」
クリックすると元のサイズで表示します

8.公家西園寺家の旧居を示す白蛇池と白蛇の塚
クリックすると元のサイズで表示します

9.金森宗和(かなもりそうわ)作の茶室「夕佳停」南天の床柱、萩の違棚で有名
クリックすると元のサイズで表示します

10.最後の出口前には本尊は弘法大師作といわれる石不動明王(少し見れるかな!)
クリックすると元のサイズで表示します

11.「京都五山・鎌倉五山とは?」下記をクリックして見て下さい。
http://ayabun.net/bnk/04haru.htm



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ