2008/12/1

綾部の古木・名木100選・物部地区白道路町の不動尊社の見事な三本のスギと神社  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」物部地区(古代はもののべ氏の領地であった)の白道路町(はそうじちょう)の東谷には綾部の古木名木100選の内2つの名木古木があるので撮影に行った。最初の鳥居の前に車を止めて歩いて山に登って行くのだが、シマッタ、トレッキングシューズで行った方が良かった。下記の写真見て下さい。

1.50メートルも行くと、鬱蒼とした森の小道になる。
クリックすると元のサイズで表示します

2.更に、250メートルくらい登ると不動尊社が見え、駒札もあった。
クリックすると元のサイズで表示します

3.御神木の三本スギは1.5メートルの間隔で生えており、いずれも幹周4メートル以上有り、樹高も46メートル以上、小生のカメラでは撮影不可能であった。胸高での木の間隔は20センチメートルであり、このように高いスギが3本揃って成長しているのは余例をみない。樹齢は370年以上と推定されている。
クリックすると元のサイズで表示します

4.「不動尊社」は地元では長命三本スギとか御霊木とか呼ばれ、正月、春4月21日(今では近い日曜日)、秋10月27・28日(今では近い土・日曜日)の祭礼に多くの人が病気平癒・願事成就を祈願しに参拝される。参道は舗装されて無いが街灯があるので夜も参拝が出来る。しかし、長靴でしょうね!!
クリックすると元のサイズで表示します

5.不動尊社裏横の滝
クリックすると元のサイズで表示します

6.この不動尊社の横にもう一本の綾部の古木名木100選の「タラヨウ」の木があると平成9年綾部自然の会の本に書いてあるが、見当たらない、この11年の間に枯れたのだろう!駒札のみ残っていた。
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ