2008/11/21

紅葉の京都妙心寺塔頭寺院と鹿王院の文化財を訪ねて  綾部の文化財

急な寒波の襲来で降雪があり、車上に雪を積んだバス2台に76名が乗り、京都妙心寺に到着した。82名の参加予定であったが、インフルエンザ流行の兆しもあり6名の当日欠席、高齢者が多いのでしかたのない事態ではある。幸い京都は好天気に恵まれ寒風もなく絶好の紅葉の庭園を楽しめた。
記念写真撮影は日射の影になった人々と明暗が激しい。写真店で上手く修正して貰えるか不安である。
クリックすると元のサイズで表示します
妙心寺山門、仏堂、法堂をバックに2号車の皆さん。京都スカイガイド:下村貞夫さん、バスガイドさんと共に
クリックすると元のサイズで表示します
妙心寺山門、仏堂、法堂をバックに2号車の皆さん。京都スカイガイド:渡辺八郎さん、バスガイドさんと共に
クリックすると元のサイズで表示します
足利義満の筆による「覚雄山」の扁額がかかる鹿王院山門前にて ご住職の吹田宏海師と共に 2号車
クリックすると元のサイズで表示します
鹿王院山門前にて ご住職の吹田宏海師と共に 1号車



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ