2008/11/2

綾部の古木名木100選山家城址と山家藩家老の家と一番槍  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」山家地区の広瀬町には江戸時代、山家藩谷家があり明治維新まで続いた。山家藩谷家はいやおう無く西軍に属し、関ヶ原の戦いの前哨戦、舞鶴の田辺城(細川幽斎が守る)を攻め、「谷の空鉄砲」で有名な話がある。谷家は内輪では徳川家康派であった。この山家藩の城址には巨大な桜があり、綾部の古木名木100選の一つに入っている。又、この城跡公園は京都府の自然200選の一つでもある。この桜はバラ科、幹周2.9メートル、樹高14メートルもある巨大なもので、通常、桜の寿命は50年から60年と言われているが、この桜の推定樹齢は300年以上であろう。又、近くには、山家藩の執政の一人の旧、添田家「現、道家家(どうけ)元、山家藩の執政の一人」があるので、その入口や家、一番家老の一番槍、庭等を紹介します。

1.山家城址公園の入口の2階は「山家資料館」です。
クリックすると元のサイズで表示します

2.京都府自然200選の「駒札」
クリックすると元のサイズで表示します

3.元山家藩主谷家を祀る巨大な岩に囲まれた「谷霊神社」
クリックすると元のサイズで表示します

4.綾部の古木名木100選の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

5.綾部の古木名木100選の一つ「名木のサクラ」幹周2.9メートル、樹高14メートル推定樹齢300年以上。
クリックすると元のサイズで表示します

6.山家城址公園の近くの江戸時代の国家老広瀬家「現、江戸家老道家(どうけ)家の入口」
クリックすると元のサイズで表示します

7.入口からの風景
クリックすると元のサイズで表示します

8.早く屋根を葺き替えたいがお金がない。
クリックすると元のサイズで表示します

9.道家の井戸
クリックすると元のサイズで表示します

10.道家家の庭(左側に巨大な柿の木が見える)
クリックすると元のサイズで表示します

道家の山家藩筆頭家老がもつ一番槍は下記をクリックして見て下さい。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/kakuoji/kakuouji3.html



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ