2008/10/31

綾部の古木・名木100選・江戸時代旗本十倉氏2千石の陣屋跡近くの菩提寺・如是寺したの巨大なクロマツ  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」口上林地区の十倉志茂町(とくらしもちょう)には戦国時代末期、山家藩衛友(たにもりとも、関ヶ原合戦の時、舞鶴の田辺城を西軍派として攻めたが空鉄砲を撃った話で有名。)は1万6千石であったが、6千石を分家し、早世した長男の子供に上杉家を2千5百石で分家、孫の時代に後継者無く、上杉家は断絶。梅迫谷氏は六男を旗本一千五百石に分家明治維新まで続く。そして、この十倉旗本2千石は三男の子供に分家2千石で明治維新まで続く。この旗本十倉谷家は陣屋をこの十倉志茂町に置き、菩提寺を如是寺とし、代官岩本家が支配し、その記録が「岩本家文書調査報告」として、綾部市資料館で平成16年秋に特別展が開催された。小生もその時、綾部史談会の一員として協力させて頂いた覚えがある。さて、このクロマツだが数年前までは、元気であったのだが、今回撮影に訪れると「松食い虫にやられたのだろうか、」立ち枯れの状態であった。稲荷山のゴヨウマツといい、真に残念である。この木は畑に有り畑の持ち主は不在でこの松を「綾部の文化財を守る会」の常任幹事であった渡辺正之助氏(元教師)が管理されていたが、5年前亡くなられ、管理者が無かったことも、一因であろう。

1.つたや、宿木にまとわられたクロマツ
クリックすると元のサイズで表示します

2.綾部の古木名木100選の「駒札」
クリックすると元のサイズで表示します

3.クロマツ(幹周2.31メートル、樹高13メートル、推定樹齢200年)
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ