2008/10/30

綾部の古木名木100選中上林地区の芝原家の2本の古木・名木  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」中上林地区の五泉町市野瀬には「綾部の古木・名木100選」のうち2本の古木・名木を持つ芝原家がある。市之瀬バス停から約1キロメートルほど、水源の里・市志に向かっていくと左側高台にこの芝原けがある。この西側の庭園は見事であり、綾部の古木・名木100選に選ばれた2本の古木・名木がある。この古木・モチノキはモチノキとは思えない程ずんぐりとした太さがあり、灰白色を帯びた木肌はまろやかで餅肌を思わせる。このモチノキは雌株で、秋には直径1センチメートル位の赤い実をつけ、よく鳥が食べにくる諭旨。樹勢は大変よく、外観上、空洞も無く、直立している。樹齢は200年以上と思慮され、先々代の祖父の時代に植えたものとの事。又、直ぐ横には、名木・イチイの木がある。古木に相応しく主幹はどっしりとし、永年にわたって刈り込まれ、下部から横に伸びる枝々は庭木として素晴らしい景観をかもし出している。芝原家の先代の言い伝えでは、この家がこの地に居を構えたたときにモチノキと共に植えられたと言われ、推定樹齢200年以上と思慮される。イチイは雌雄異株であり、この木は雌株である。赤い種皮はトロットした味があり、食べられるが、但し種子には毒があるので噛み砕かないようにして食べるとよい。又、この木の材で笏(しゃく、神主が持つしゃくの事)一位の位にちなんでこの名がつけられたといい、アララギともいい、キャラに似た枝葉を着けている。

1.綾部の古木・名木100選のモチノキの「駒札」
クリックすると元のサイズで表示します

2.モチノキ(幹周1.88メートル、樹高9メートル、推定樹齢200年以上)
クリックすると元のサイズで表示します

3.綾部の古木・名木100選のイチイの「駒札」
クリックすると元のサイズで表示します

4.イチイの木(幹周1.8メートル、樹高8メートル、推定樹齢200年以上)
クリックすると元のサイズで表示します

5.2本の古木・名木が並び素晴らしい景観をかもし出している庭園。
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ