2008/10/29

綾部の古木名木100選神谷共同墓の地巨大なツブラジイ  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」中上林地区の神谷の共同墓地には綾部の古木名木100選の一つに選ばれた「巨大なツブラジイ(幹周3.65メートル、樹高22メートル)の木」がある。八津合八幡宮の第二の鳥居から右手の林道を登っていくと神谷の共同墓地がある。その奥の左側(東隅)に立っている。周りは雑木林でこの一本のみが苔むした姿で他を圧して立っている。主幹は途中から斜めに伸び、根本より2〜3メートルの高さにニヶ所の空洞がある。梢は大きな傘状に繁り,樹勢はよい。樹齢は350年以上と言われている。この木の周辺にも墓石があり、又、根本の空洞に石仏が祀られていることから、供養のためと思われる。このツブラジイの実は食べられる。

1.ツブラジイの木(右下の根本の空洞に石仏が祀られている。しかし綾部の古木名木100選の駒札は無い。墓地の関係から抜き取られたのだと思われる。)
クリックすると元のサイズで表示します

2.その2(幹周3.65メートル、樹高22メートル、推定樹齢350年以上,この木の根元の空洞をよく見て下さい。石仏が見える。)
クリックすると元のサイズで表示します

3.その3.(梢は傘上に広がっている。)
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ