2008/10/27

綾部の古木・名木100選・古社・三柱荒神社のイロハモミジ  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」渕垣町中町には三柱荒神社がある。この神社では例年10月21日の秋祭りがこの荒神社の「綾部の古木・名木100選」のイロハモミジの下で「瓦に油をひいた露天いも焼き」が出ることで有名だ。通常イロハモミジは公園、庭木、盆栽などに使われ、普通、単に「モミジ」といわれている。このモミジは梅迫町公民館の裏の高台の上記神社の境内正面広場の左側にあり、樹幹を西方に向けて傾斜し立っている。これは西方に樹木が無く開けているためと思われる。樹勢は良いが,樹歳については資料も無いので判明しないが、毎年の紅葉の時期には大変素晴らしいものが見れる諭旨である。

1.三柱荒神社参道
クリックすると元のサイズで表示します

2.三柱荒神社
クリックすると元のサイズで表示します

3.素晴らしい狛犬(残念銘が無い。真ん中の常夜燈は比較的新しく昭和19年10月20日と刻まれていた、通常吉日なのだが!!!、一番下の自然石の常夜燈が最も古いものであることは理解できる。)
クリックすると元のサイズで表示します

4.綾部の古木・名木100選の「駒札」
クリックすると元のサイズで表示します

5.イロハモミジ(幹周2.35メートル、樹高11メートル)
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ