2008/10/22

綾部の古木・名木100選百十数年前に大韓民国から持ち帰って植えられた大変珍しい「コウヨウザンの木]  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」安場町(やすばちょう)には百十数年前に加藤氏が大韓民国より持ち帰り植えられたスギ科、コウヨウザン属に分類される。葉はに特長があり、平で鱗片状で先がとがっている。遠くから見ると確かに杉に良く似ている。樹勢は強く、木の横によくヒコバエが生えるそうだが、平成20年10月22日に撮影した時には、この木を管理されている中筋公民館に剪定されヒコバエは無かった。又、この木は別名では広葉杉とも呼ばれている。

1.綾部の古木・名木100選の「駒札」
クリックすると元のサイズで表示します

2.中筋公民館の「中筋19古木・名木の17番の駒札」
クリックすると元のサイズで表示します

3.安場町公民館のコウヨウザン(幹周2メートル、樹高17メートル、推定樹齢150年?その1.
クリックすると元のサイズで表示します

4・その2
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ