2008/10/22

大本本宮山のシイ群生林  古木名木

大本長生殿などが建つ大本神苑にも沢山の巨樹が目立つが、聖地である本宮山は鬱蒼と茂るシイ林の群生林である。
綾部・梅松苑のパンフレットによると「本宮山{禁足地}:神体山で、梅松苑の最高至聖所、頂上の月山不二は、昭和21年に出口王仁三郎聖師の指示で築造された、最も尊い聖域です。」とある。
綾部の古木・名木100選には、次の古木が記録されている。
クリックすると元のサイズで表示します
綾部の古木・名木100選 No.6
ツブラジイ ブナ科 幹周:3.85m 樹高:26m
スダジイ ブナ科 幹周:3.35m 樹高:17m
クリックすると元のサイズで表示します
大本聖地 本宮山
丹の国綾部写真集より
クリックすると元のサイズで表示します
本宮山の頂上には、大本・月山不二がある。
世界の中心は丹波綾部であるとする大本の最高聖地の一つで、世界の中心点ともいうべき所である。
頂上には延暦二十一年の富士大爆発の際噴出されたといわれる霊石を安置し、ミツ葉の松が植えられている。

丹の国綾部写真集より



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ