2008/10/14

綾部の古木・名木100選・諏訪神社の柿  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」志賀郷町に「志賀の七不思議」の一つ「諏訪神社とその柿木」がある。鳥居をくぐり,鬱蒼とした参道を通り拝殿の前に出るとそこの拝殿に向かって左側にそのカキの木がある。60年程前に3から4個の実がなったといわれているが、近年には見ない諭旨。カキは渋柿でヤマガキより実は大きく形は冨由柿に良く似ていたと云われている。この柿は「御用柿」とも云われ、志賀の七不思議では毎年正月6日には真っ赤な柿の実が三つなり、これを都の帝へ献上したという伝説がある。
1.案内板
クリックすると元のサイズで表示します

2.鳥居と参道
クリックすると元のサイズで表示します

3.諏訪神社
クリックすると元のサイズで表示します

4.諏訪神社に向かって左側にある「綾部の古木・名木100選」の諏訪神社のカキ幹周1.34メートル、樹高15メートル、推定樹齢150年以上(今年もカキの実は1個も無い)
クリックすると元のサイズで表示します

志賀の七不思議については下記をクリックして見てください。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/sinoda/takenoko.htm



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ