2008/10/9

丹後一ノ宮「籠(この)神社」と天照皇大神御巡幸地一覧(倭姫命世紀による)  文化財研修記

 京都府宮津市には「丹後一ノ宮籠(この)神社」がある。元伊勢と国宝海部(あまべ)氏系図でゆうめいである。この神社には当初、国宝雪舟の「天の橋立図」を所持していたが、和江戸時代後期に当神社に困難な事情が起こり、現在は京都国立博物館の所蔵となってういる。伊勢神宮については奥宮境内摂社の「真名井神社(豊受大神)」が元々の起こりだといわれているが、この写真を掲載します。いかにも天孫降臨の感じがあります。又、「天照皇大神御巡行地一覧」(倭姫命世紀による)を掲載します。1.倭国 笠縫邑、2.丹波乃 与佐宮(之が丹後一ノ宮「籠(この)神社」のことである。3.倭国 伊豆加志本宮、4、木乃国 奈久佐濱宮、5、吉備国 名方濱宮、6.倭国 弥和乃御室嶺上宮、7.大和国 宇多秋志野宮、8.大和国 佐々波多宮、9.伊賀国 隠市守宮、10.伊賀国 穴穂宮、11.伊賀国 敢都美惠宮、12.淡海国
甲可日雲宮、13。淡海国 坂田宮、14.美濃国 伊久良河宮、15.尾張国 中嶋宮、16.伊勢国 桑名野代宮、17.伊勢国 奈具波志忍山宮、18.伊勢国 阿佐加藤方片樋宮、19.伊勢国 飯野高宮、20.伊勢国 佐々牟江宮、21.伊勢国 伊蘇宮、22.伊勢国 大河之瀧原宮、23。伊勢国 矢田宮 24.伊勢国 家田田上宮、25.伊勢国 五十鈴宮(現今の伊勢大神宮)である。現今の伊勢の外宮豊受大神は正に、丹後一ノ宮の奥宮「真名井神社」から来ているといえる。写真を参照してください。

丹後一ノ宮「籠(この)神社」
クリックすると元のサイズで表示します

奥社の「真名井の霊水」
クリックすると元のサイズで表示します

奥社「真名井神社」
クリックすると元のサイズで表示します

真名井の「磐座(豊受大神)」伊勢神宮の外宮の原点
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ