2008/9/10

京都縦貫自動車道「風の道」ウォーキング  山・峠道・滝

「山家観光やな」の取材に行ったところ、10時からでなく昼からだと云うことで「風の道ウォーキング」に参加した。綾部ー広野線を和知まで行き終点で和知橋を渡ったところが国道27号線で「京丹波わちインターチェンジ」になる。駐車場は第3駐車場を指定され、バスでピストン送迎になっていた
クリックすると元のサイズで表示します
京都縦貫自動車道 綾部安国寺IC〜京丹波わちIC開通記念 開通前の高速道路を歩いてみよう!10:00スタート〜13:30 乙味川橋(折り返し地点)まで約5Km
クリックすると元のサイズで表示します
広い会場にテントが建てられ参加者で埋まっていた。綾部市の受付テントで参加登録をする
クリックすると元のサイズで表示します
主催者として出発合図のピストルを鳴らされる四方八洲男綾部市長。雨が降り出し傘をさしかける腹話術の人形
クリックすると元のサイズで表示します
「風の道ウォーキング」に参加した一行。雨が降り止んでほっとする。
クリックすると元のサイズで表示します
インターチェンジからすぐに綾部市に入る。綾部市境の標識がある
クリックすると元のサイズで表示します
高台を走る京都縦貫自動車道から、国道27号線の陸橋、一般道、由良川、JR山陰線、府道:綾部ー広野線が平行に走る
クリックすると元のサイズで表示します
乙味川橋の南側は「黄金に色づく稲田」が見事
クリックすると元のサイズで表示します
乙味川橋の北側は、丹波の美林と村(釜輪)
クリックすると元のサイズで表示します
折り返し点の山家橋上トンネルが見えてきた。この行事にタイアップして旭町横谷トンネルから6Kmをウォーキング中の東綾小学校の子どもたち(130名)と次々にすれ違う。
乙味川橋の上に設けられた折り返し点のテントには、お茶の接待がされていた。すぐ裏に山家橋上トンネルが口を開いている。トンネルを越すと上林川、綾部〜若狭府道1号線が走る上林谷である



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ