2008/6/30

笠原神社(由良川下り取材下見2)  綾部の文化財

綾部の文化財を守る会の「祭り・行事の歳時記」の7月20日(日)9:00〜 由良川下り 山家大橋下〜新綾部大橋下までを補充取材するため、ゴール地点の下見に行った。
上陸地点は新綾部大橋の下流にある、笠原神社から由良川河川敷に下りた広場になっている。
クリックすると元のサイズで表示します
村社:笠原神社鳥居
クリックすると元のサイズで表示します
笠原神社本殿 祭神:大名持命
クリックすると元のサイズで表示します
灯篭一対(天保十二年八月吉日)他に小宮:荒神宮・稲荷社・雨の宮大神・狛犬のある広い境内がある
クリックすると元のサイズで表示します
堤防道路に出ると川岸に下りられる。ここが「由良川下り」に参加した筏や舟のゴール地点。対岸に正暦寺が高台に見え、正面の参道石段に続く由良川に下りる石段がボート(カヌー)乗り場になっている。
クリックすると元のサイズで表示します
国登録有形文化財の綾部大橋」は,昭和4年(1929)竣工。ボーストリング・トラス橋(ポニー曲弦)としては日本最多の経間をもつ立派なものである。日本土木学会が選定した「日本の近代土木遺産2800選」の中でもAクラスの指定を受けている。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ