2008/5/4

福知山市三和町の大原神社の「大原練り込み行列」が復活  文化財研修記

京都府福知山市大原には境内全てが京都府環境保護区である「大原神社」(京都府指定文化財で伊邪那岐命・大日霊貴命・月読命を祭る)がある。毎年5月3日(祭)は春の大祭で今年6年振りにかの有名な「大原練り込み行列」(参列人員約90名)が復活したので撮影に行ってきた。社伝によると仁寿二年(852)に美山町に創建され、弘安二年(1279)に現在地に移ったという。応永四年(1397)に当地の城主・大原雅楽頭が社殿を造営した。江戸時代は綾部藩九鬼家の領地であり、川合組と言っていた。その7代藩主九鬼隆郷(くきたかさと)公が寛政八年(1796)この神社の本殿を再建されたのを祝ってこの「大原練り込み行列」が始ったという。

大原神社(京都府指定文化財)全景
クリックすると元のサイズで表示します

大原神社への石段
クリックすると元のサイズで表示します

境内社の火の神を祀る「火之神神社」(京都府指定文化財)
クリックすると元のサイズで表示します

景品付餅巻き(三和町商工会)12時
クリックすると元のサイズで表示します

絵馬堂(舞台)での福知山御霊太鼓奉納演奏 午後1時30分
クリックすると元のサイズで表示します

午後2時から練り込み行列始る。その1 子供のヤッコ振り
クリックすると元のサイズで表示します

同 上 その2.
クリックすると元のサイズで表示します

同 上 その3.
クリックすると元のサイズで表示します

同 上 その4.
クリックすると元のサイズで表示します

同 上 その5.2基の神輿
クリックすると元のサイズで表示します

その他の「大原神社」や「綾部九鬼藩」については下記をクリックして見てください。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/377.html



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ