2008/3/23

最初で最後の京都府縦貫高速自動車道・丹波綾部道路を歩く  山・峠道・滝

京都府綾部市には高速道路のインターチェンジが38,000人の町にもかかわらず2ヶ所ある。一つは近畿自動車道の舞鶴・若狭道の綾部ICもう一つは、京都縦貫高速自動車道の珍しい寺の名前を取った安国寺IC(あんこくじインターチェンジで安国寺は室町初代将軍足利尊氏の生誕地である。)は此処にはジャンクションがあり、近畿道から此処で宮津・日本三景の一つ天橋立方面へ行ける。3月23日(日)午前9時30分から「安国寺ICロードパークキング」にて「京都縦貫高速自動車道丹波綾部道路見学実行委員会の主催で、この安国寺IC近くから丹波町・京都方面へ向かって片道5キロメートル(往復10キロメートル)のウオーキングが開催された。大変な人気で舞鶴、園部から来られた方も多々見受けられた。コースは5キロだが、最初は横谷トンネル1,158メートル、旭高架橋90メートル、次に旭トンネル323メートル、上林(かんばやし)川橋139メートル、橋上(はしがみ)トンネル1、096メートル、広瀬高架橋90メートル、乙味川橋595メール・この橋の途中から折り返した。トンネルと橋で5キロの内、3.4キロにもなる「丹波山地」の高速道路ですからね。但し、風景が大変楽しめますよ。!!!!!

綾部太鼓保存会の小学低学年による太鼓で行事開始
クリックすると元のサイズで表示します

主催者と四方八洲男市長の挨拶と議長・綾部市会議員
クリックすると元のサイズで表示します

大変な数の参加者
クリックすると元のサイズで表示します

最初の横谷トンネル(1,158メートル)入口
クリックすると元のサイズで表示します

横谷トンネル内
クリックすると元のサイズで表示します

綾部・福知山広域農道の旭町交差点を見る。
クリックすると元のサイズで表示します

工事関係者に旭トンネル(323メートル)の説明を聞く。
クリックすると元のサイズで表示します

上林川橋から右手は橋上町、正面は広瀬町になり、山家城址はその向こう側。
クリックすると元のサイズで表示します

広瀬高架橋からみる山家。
クリックすると元のサイズで表示します

乙味川橋から折り返してくる人々。
クリックすると元のサイズで表示します

帰って来ました「安国寺IC]案内板
クリックすると元のサイズで表示します

全国安国寺の筆頭・綾部「安国寺」は下記をクリック願います。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/205.html



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ