2007/12/8

京都洛西紅葉の名所・野宮神社と大河内山荘4  文化財研修記

今、京都洛西(らくさい)は紅葉の真っ盛りです。先ず、丹下左膳をはじめ数々の時代劇で一世を風靡したした往年の映画スターお・大河内伝次郎が一生かけて作った別荘大河内山荘及び山荘からの紅葉を紹介しますが、入口近くに「野宮神社(ののみやじんじゃ)」があり伊勢神宮の斎王、つまり天皇一代に限って祭祀に奉仕する内親王が、3年間身を清めるために野宮があった。源氏物語では「賢木の巻」に見られる黒木の鳥居、小柴垣など歴史の名残が残っている。現代は亀の形の石をなでると願いが叶う縁結び神様、進学の神様として人気を集めている。お殿様とお姫様を刺繍したお守りがユニークです。

大賑わいの「野宮神社」
クリックすると元のサイズで表示します

大河内山荘入口
クリックすると元のサイズで表示します

大河内山荘
クリックすると元のサイズで表示します

大河内山荘庭園・茶室(入園料1,000円お抹茶付き)
クリックすると元のサイズで表示します

大河内山荘は百人一首で名高いお倉山の南面にあるので京都市内・嵐山方面の絶景がみれる。此処からは東山を遠望する。
クリックすると元のサイズで表示します

山荘南から嵐山と山中の法輪寺、右下には保津川が見れる。
クリックすると元のサイズで表示します

山荘の散策道の休憩所から京都市内を見る。
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ