2007/10/7

式内社・赤国大明神の秋祭り  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」舘町(たちちょう)には何鹿郡内12式内社の一つ「正一位赤国大明神」がある。10月10日前後の日曜日か秋の祭礼日で今年は10月7日(日)が祭礼日となった。この日は多くの神社の祭礼日が重なり、例えば何鹿郡12式内社のうち、嶋万神社、高倉神社、高津八幡宮、御手槻神社等も祭礼日であったが今回は赤倉大明神の秋の祭礼をとりあげた。午前9時30分に子供太鼓の奉納が始り、屋台の展示、清跋式、鉾・神輿の巡行が始り、大畠口より大畠町の公民館(丹波三瑠璃寺)の裏山の大神宮社へと巡行した。

子供太鼓奉納
クリックすると元のサイズで表示します

自治会長・氏子総代清跋式1.
クリックすると元のサイズで表示します

清跋式2.
クリックすると元のサイズで表示します

見事な屋台とその彫刻
クリックすると元のサイズで表示します

見事な屋台の彫刻と装飾文字
クリックすると元のサイズで表示します

舞台をくぐり巡行を始める神輿
クリックすると元のサイズで表示します

石の鳥居をくぐる獅子舞と神輿
クリックすると元のサイズで表示します

式内社・赤国大明神についての詳細は下記をクリック願います。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/akakuni/akakuni.htm



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ