2007/8/19

あやべ西国観音霊場第23番「長福」寺」「向田観音様の秘仏のご開帳」NO2.  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」向田町(むこだちょう)には曹洞宗の滝本山・長福寺がある。8月17日が例年「向田観音大祭」が夜、7時30分「田園の土手に「向田観音さま」等の火が燈下された。「京都の五山の送り火」を見ている小生にとっては大したことではないと思っていたが、見事な火文字が浮かび上がり幻想的であった。ただ大型バスでは駐車場に問題ありで、今後の課題である。旧綾部町内からは貸切マイクロバスで女性郡の参加も有ったが、7時30分の点灯、そして福知山音頭による盆踊り、9寺30分の秘仏「聖観音様」ご開帳行事まで待てず、帰られたのは残念であった。小生とHP委員長の鍋師理事は「あつあつのたこ焼き200円」を購入し、食べたが大変美味で、あつあつで舌が腫上がったが、満足。午後9時から綾部音頭調の「向田踊」が地元有志により、奉納が始まり、9時15分松本綾部市副市長の挨拶により、ご開帳諸行事が始まった。小生達「綾部の文化財を守る会」2名にみに撮影が特に許可され、来賓席には、松本綾部市副市長、河北哲朗自治会長、そして小生、鍋師理事で反対側は、筆頭寺総代達5名の特別参列であった。夜10時前に諸行事は無事終了。

夜9時特別奉納「向田踊」始る。9時15分松本副市長挨拶。
クリックすると元のサイズで表示します

ご開帳前の曹洞宗僧侶5名の儀式(合掌)
クリックすると元のサイズで表示します

いよいよご開帳(合掌)
クリックすると元のサイズで表示します

見事な「聖観音様」(合掌)
クリックすると元のサイズで表示します

ご開帳中の僧侶5名による大般若心経の同時転読
クリックすると元のサイズで表示します

扉は閉まり、山伏による護摩供養の開始
クリックすると元のサイズで表示します

護摩供養(猛烈な煙)合掌
クリックすると元のサイズで表示します

滝本山・長福寺の詳細は下記をクリック願います。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/306.html



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ