2007/7/30

式内社「高倉神社と十二士講神社」天一さんの土用の丑祭り  綾部の文化財

京都府綾部市「元、何鹿郡(いかるがぐん)」高倉町には「式内社で高倉宮以仁王(たかくらのみやもちひとおう)」を祀る高倉神社がある。「土用の丑のお祭りでは綾部で最大の祭り」であり、7月30日(月)夜、0時宵宮祭りが始まり、0:30分お札売りが開始された。午前9時には「本殿祭」の神事が催行され、又10時には「十二士講神社祭」が催行された。平家打倒に源氏政とともに挙兵されたが宇治平等院にて、氏政やその子供やほとんどの武士が殺されが、以仁王は身代わりに自分の甲冑を着せ、この綾部の吉美(きみ)の里町まで逃れてきた。それはこの吉美地区に領土をもつ武士たち12名が同行引率して来たからであり、以仁王は腹に受けた矢傷で、非常に苦しみ亡くなった。その折、今後、私は皆を腹痛から守ろう、そして「五葉の笹の葉」は五臓を意味し、それは「心・肺・肝・脾・腎」であり、笹の葉にはこの五臓を活性化する成分を含んでおり、健康飲料としてお茶代わりに飲むと良い諭旨。

京都府指定文化財の式内社・高倉神社拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

奥社の大地主神社(国造りの神・伊佐那伎命と伊佐那美命を祀る)後ろは、綾部の百古木名木の一つ「夫婦(めおと)杉」
クリックすると元のサイズで表示します

遥拝所から本殿祭がはじまる。
クリックすると元のサイズで表示します

本殿前での神饌の儀式
クリックすると元のサイズで表示します

「五葉の笹」を買い求める人々
クリックすると元のサイズで表示します

大人気の天一さんの「はらわたもち」を購入する人々
クリックすると元のサイズで表示します

京都府立総合資料館所蔵の明治9年調査の時、「延喜式内並国史見在神社考証」に描かれた、何鹿郡(いかるがぐん)十二式内社の一つ「高倉神社」
クリックすると元のサイズで表示します

高倉神社の詳細は下記をクリックねがいます。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/takakura/takakura.htm
又、秋の大祭りの詳細は下記をクリック願います。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/takakura/hiyaso.htm



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ