2007/6/30

夏越(なごし)大祓い「若宮神社と高倉神社」  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」上野町には明治16年調査の丹波国何鹿郡神社明細帳には、本宮村には「若宮神社があり郷社で祭神仁徳天皇、建物は梁行四間、桁行六間と記載されているが、現在は上野町に移っている。この若宮神社と吉美地区高倉町にある高倉神社は、例年6月30日に「夏越(なごし)の大祓い」の神事がある。先ず若宮神社を見てみよう。当若宮神社の創建は治承年間(1177〜1181)にかの有名な平清盛の嫡男、小松内府三位中将平重盛が丹波国の国守であった時、山城国岩清水八幡宮を此の地に勧請したものと伝えられている。その後、鎌倉、室町、戦国時代から徳川初期までの記録が現存していないので、同期間の状況は知る由もないが、以後の由緒はについては綾部九鬼藩(兵庫県三田に三田九鬼藩の兄弟藩がある。)の旧記録により明らかである。即ち、寛永十年(1633)三月、徳川三代将軍家光の時、九鬼隆李(たかすえ)が綾部九鬼藩初代藩主として鳥羽からこの山国の丹波国何鹿郡に転封させられ、ニ万石であり、三田九鬼藩(異腹の弟が藩主)は三万石だが、此れは徳川幕府の大名鉢植え政策であった。しかし、綾部九鬼藩はニ万石の内、実際は福知山にある飛地の500石を弟に与え旗本にしているので実際は19,500石であった。当神社が御屋敷内にあったので、隆李は厚く崇拝し、このの乏しい中から見取田及び金穀を奉納し、綾部藩の総氏神とした。以来、明治の廃藩置県まで第11代まで「任先規永代無退転可令執行也」との御朱印書を持って祭礼費、修理費を献納された。元禄十四年(1701)第三代隆直公の自筆の「若宮」の鳥居額を奉献され現在の拝殿に掲額されている。茅の葉で作った「茅輪(ちのわ)」は若宮神社では宮司・権宮司2人を先頭に三回くぐるが、吉美地区の高倉神社は1回のみくぐる。若宮神社は午後3時から、高倉神社は午後4時から神事が行なわれた。若宮神社には他に、明治16年の調査の何鹿郡神社明細帳には境内社、として猿田彦神社・祭神:猿田彦命=現在は厄除神社・祭神:猿田彦命、稲荷神社・祭神:稲蒼塊神のみ掲載されているが、境内には九鬼神社もあるので又、2月の厄除神社のお祭りで紹介しましょう。
若宮神社参道1.
クリックすると元のサイズで表示します

若宮神社参道2.
クリックすると元のサイズで表示します

若宮神社午前8時氏子代表等が拝礼し「夏越(なごし)大祓い茅輪」造りを始める。
クリックすると元のサイズで表示します

若宮神社「夏越の大祓い」
クリックすると元のサイズで表示します

若宮神社では宮司様を先頭に「三回茅輪」を廻る。
クリックすると元のサイズで表示します

吉美地区高倉町の「高倉神社の茅輪」
クリックすると元のサイズで表示します

高倉神社は式内社であり、拝殿・本殿を持つ。来賓は拝殿にて参拝する。
クリックすると元のサイズで表示します

その他、高倉神社については下記をクリック願います。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/takakura/takakura.htm
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/takakura/hiyaso.htm



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ