2007/5/28

国の登録有形文化財:7連のトラス綾部大橋  綾部の文化財

今日は小生にとっては少し変わった分野の「国の登録有形文化財・綾部大橋」を紹介します。京都府「元何鹿郡(いかるがぐん)味方町には昭和4年(1929)に建設された鋼製の7連のトラス橋があります。橋長210メートル、幅5.2メートルで現在は国道27号線から旧町内の本町筋への一方通行です。高さも2.7メートルに制限されています。このトラス橋は大変珍しく、この綾部大橋は平成17年7月12日「国の登録有形文化財」に指定されました。
 綾部のお泊りや食事はホテル綾部を是非ご利用ください。風景抜群です。詳細は下記をクリックねがいます。
ホテルでのイベントやレストランのお勧めなどをご紹介をしています。 www.hotelayabe.jp/

国の登録有形文化財のトラス橋「綾部大橋」
クリックすると元のサイズで表示します

風景抜群の「ホテル綾部」から撮った写真、橋の向こうの大屋根の建物は大本教・綾部本部の「弥勒殿」と四尾山(尾根が四つあるとこらから名付けられたと云う。)
クリックすると元のサイズで表示します

京都府北部の大河・由良川や眺望が素晴らしく、綾部一番の枝垂れ桜が咲く。
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ