2007/5/27

あやべ観音霊場唯一の腹蔵聖観世音菩薩と仏像  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」五泉町家尻25番地には「あやべ西国観音霊場第32番円林山・五泉寺(ごせんじ)がある。33ヶ寺番外6番の中で唯一の胎内仏を持つ「腹蔵観世音菩薩」様がご本尊です。府道綾部小浜線から中上林に北に折れ、東舞鶴へと通ずる菅坂峠方面に進むと、眼前に赤屋根のお寺が見えてきます。昨年菅坂峠にトンネルが2つ開通し、東舞鶴からも容易に来れるようになりました。開創された当時は真言宗でしたが、江戸時代の初めの元和元年(1615)に総本山臨済宗南禅寺の頭塔(たっちゅう)寺院より禅師を請じて新たに小林庵として中興されました。この小林庵と新たに創建された円明庵の2坊が昭和26年檀家の総意により合併し、現在の五泉寺となりました。山号の円林はこの二つの寺院名から一字づつ採られたものです。現在は臨済宗南禅寺派で、従ってご本尊は上記の胎内仏をもつ「腹蔵聖観世音菩薩」と「聖観世音菩薩」様の二つのご本尊があります。又、ご詠歌は「円林の山も浄土も ふだらくも 救う佛に かわりなければ」。これらの仏像は春と秋の「あやべ西国霊場33ヶ寺と番外6番霊場」ABCの3コースに参加しないと拝観できません。申し込みは下記へ。宿泊は前日「ホテル綾部」に宿泊すれば迎えのバスが来ます。
http://www.ayabun.net/gaiyo/saigoku.html

五泉寺
クリックすると元のサイズで表示します

古い襖絵(禅画だが作者は読めなかった。)
クリックすると元のサイズで表示します

ご本尊「腹蔵聖観世音菩薩」様(胎内仏をもつ)高さ40センチメートル位
クリックすると元のサイズで表示します

ご本尊・腹蔵聖観世音菩薩様とその胎内の仏
クリックすると元のサイズで表示します

二つ目のご本尊「聖(しょう)観世音菩薩」様
クリックすると元のサイズで表示します

達磨大師像
クリックすると元のサイズで表示します

お寺を火災から守る「韋駄天」様
クリックすると元のサイズで表示します

五泉寺の風景は下記をクリック願います。
http://www.nbcayabe.com/bunka/gosen/gosen.htm



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ