2018/8/29

京丹波を見る!綾部市「元何鹿郡」山家地区の綾部西国観音霊場和木町の番外4番札所の随岸寺!  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」山家地区の和木町樋ノ口26には臨済宗東福寺派で綾部観音霊場33ケ番外6番の内の番外4番で日応山・随岸寺(ずいがんじ)がある。随岸寺は綾部観音霊場寺院の中で最も南に位置し、和木町の山あいを登り切った高台に位置しています。この寺の開創は今よりおよそ620年前第26番札所でる全国安国寺の筆頭綾部安国寺の6世妙喜和尚によって安国寺の南の鬼門を守る寺として開かれたと伝えられています。札所ご本尊は聖観世音菩薩様で御詠歌は「松風の 声もたえなり 日応の おやまに高し むろどう」です。御詠歌にうたわれて「むろどう」とは勝手開山と同時に建立されて観音像をお祀りした無漏窟(むろどう)のことを詠んだものです。無漏とは、煩悩の無い澄んだ境地のことをいいます。現在では本堂右手に間口二間の観音堂が建てられており、ここに三尺の聖観音立像を中心として両側に33身の観音像が祀られています。(あやべ西国観音霊場より抜粋)

1.綾部市山家地区和木町の見所
クリックすると元のサイズで表示します


2.随岸寺の全景
クリックすると元のサイズで表示します


3.本堂入口
クリックすると元のサイズで表示します


4.お地蔵さま
クリックすると元のサイズで表示します

5.金毘羅様
クリックすると元のサイズで表示します


6.駒札(残念ながら字が薄れて読めません。)
クリックすると元のサイズで表示します


7.新しく創られた慈母観音様
クリックすると元のサイズで表示します


8.観音堂
クリックすると元のサイズで表示します

9.観音堂内に祀られているご本尊の聖観音様と33観音様
クリックすると元のサイズで表示します

10.同上
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ