2018/7/24

京丹波を見る!美山町茅葺の里の古社・知井八幡神社!  綾部の文化財

京都府南丹市美山町北の「茅葺の里美山」には応神天皇を祀る古社の知井八幡神社(ちいはちまんじんじゃ)がある。北八幡神社とも呼ばれている。南丹市美山町は京都府の中央に位置する山間の地域で、北村は由良川上流の右岸、小浜街道沿いに開けた集落であって、美山かやぶきの里で知られており創建は平安時代の延久3年(1071)で、知井之庄9ヶ村の総社として、当初は由良川の対岸、南村上宮に鎮座した。だだし、その起源はさらに遡り、奈良時代の和銅6年(713)、甲賀三郎兼家による八ツ頭の大鹿退治において、見事大鹿を退治した兼家が当地に建てた社とも伝わる。この大鹿退治に従った家来たちの中には、この地にとどまり、村を拓き、氏子として当社の守り手になっていた人々もいたという。古来、知井宮、大宮八幡宮などとも呼ばれた。戦国時代の永禄10年(1567)に山崩れによる洪水で流出してしまい、その後元亀元年(1570)に現在地に遷座した。当地は、小浜と京都を結ぶ若狭街道の道筋にあたったため、往来の人たちで賑わう、旅の安全を守る神としても崇敬された。現在の本殿は江戸時代中期の明和4年(1767)に再建されたもの。この三間社流造の本殿の彫刻は丹波を代表するものとして広く知られている。例祭は10月上旬。宵宮・例祭・神幸祭からなり、神輿の巡行が行われ、集落の中を練り歩くことで、厄払い、家内安全を祈願する。境内社に、八坂神社と天満宮がある。  

1.知井八幡神社の鳥居を望む!
クリックすると元のサイズで表示します

2.知井八幡神社の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

3.鳥居から拝殿を望む!
クリックすると元のサイズで表示します

4.珍しい下部は四脚の神門ですね!
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な拝殿です!
クリックすると元のサイズで表示します

6.拝殿横から本殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

7.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

8.指定文化財の表示
クリックすると元のサイズで表示します

9.京都府指定文化財の本殿
クリックすると元のサイズで表示します

10.本殿の彫刻の見所!
クリックすると元のサイズで表示します

11.見事な本殿の彫刻
クリックすると元のサイズで表示します

12.同上
クリックすると元のサイズで表示します

13.同上
クリックすると元のサイズで表示します

14.同上
クリックすると元のサイズで表示します

15.見事な神木
クリックすると元のサイズで表示します

16.同上
クリックすると元のサイズで表示します

17.見事な阿形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

18.見事な吽形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ