2018/7/23

京丹波を見る!国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている美山町の「かやぶきの里」!  文化財研修記

京都府南丹市美山町(みやまちょう)には美山町を代表する観光スポット「かやぶきの里」があります。美山町内には数多くのかやぶき民家が現存していますがその中でも、「北」集落には50戸のうち39棟がかやぶきの屋根で、伝統的技法による建築物群を含めた歴史的景観の保存度への評価も高く、平成5年(1993)12月に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。1年を通じ、日本の原風景に出会える場所として、美山町を代表する観光スポットとして人気を博していま。集落内には2つのカフェと美山民俗資料館、2件の民宿があります。

1.無料駐車場にある駒札
クリックすると元のサイズで表示します

2.無料駐車場から見た「茅葺の里」
クリックすると元のサイズで表示します

3.茅葺の里案内図
クリックすると元のサイズで表示します

4.同じく駐車場近くで撮影
クリックすると元のサイズで表示します

5.八幡神社に近い所の茅葺の家をアップで撮影
クリックすると元のサイズで表示します

6.八幡神社ちかくから見る!
クリックすると元のサイズで表示します

7.再度、駐車場から見る!アジサイを撮る!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ