2007/4/29

霊山・頭巾山と古和木大権現  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)故屋岡町(こやおかちょう)古和木には京都府北部で2番目に高い頭巾山(ときんざん)標高871M、「一番は和知町(今の丹波町)の長老ヶ岳標高917M(ここは頭巾山と同じく日本石楠花で有名)」此処の頂上には古和木(こわぎ)大権現が祀られている。この頂上からは、福井県、京都府北桑田郡の山々、京都府の比叡山三石岳(標高は676M)のみ、京都の愛宕山(標高924M)、そして綾部市の霊山の弥仙山で大本教の出口直教祖は修行し開教した。(みせんさん664M)です。4月29日(日)はこの頭巾山頂上で3つの地区、綾部市、福井県、京都府北桑田郡から集まって祭礼が午前9時からあるので5時起きで家を出たのだが、小生過去2回道に迷い失敗、今回3度目だが、やはり徒歩登山道が新しいのが出来ていたのでそちらへ上ると間違っていたので、再び下りて、登り直したところ、漸く10時到着で祭典は終わっていた。しかし、10数を越える滝や、渓谷美、ブナやミズメ林、アルプスの這い松のような日本石楠花、そして待望の明治16年の調査漏れの「神祇志料に載っている若狭国遠敷郡(おにゅうぐん)の延喜式内社・許波伎(こわぎ)神社は丹波国境に有り=現在京都府の古和木大権現」が撮影できた。奥上林村誌(おくかんばやしそんし)には次のような二つの面白い話が掲載されている。1.清和天皇の天安元年(857)に旱魃で各地の万民難渋し、守敏僧都に命じ、雨乞いを祈祷させた所、7日目に京都のみに雨が降った。朝廷は弘法大師に命じ、神泉苑にて雨乞いを祈祷させた所、降らず、弘法大師は先の僧都が諸龍を瓶中へ呪力で閉じ込めたと思慮し、別な法で祈祷すると、雨が降り、一龍がこの頭巾山へ入ったと云う。2.一僧が長旅の為汚れた白衣で登るのを見た山森村の土民某の女が、白衣を川で洗い進めたところ、僧は大変喜び登山し、再び下山しなかったといい、この僧は古和木大権現であり、その後女人禁制の頭巾山には山森村の女は登れ、参拝者は必ずこの山森村で1泊し、登山するようになったと云う。
尚、5月3日(祭)於与岐町にて弥仙山三社大祭と・山菜祭りがあります。最後の行をクリック願います。

頭巾山(標高871メートル)途中の渓谷美
クリックすると元のサイズで表示します

苔むす山腹に太陽が当たる。
クリックすると元のサイズで表示します

綾部いや世界の霊山・弥仙山(664M)登る途中で撮影(左手で少し霞む尖がった山)
クリックすると元のサイズで表示します

美しい滝(10数滝あり)
クリックすると元のサイズで表示します

原生のミズメ、ブナ林
クリックすると元のサイズで表示します

手水台「奉上 銅禁(あてじでパソコンにない)山・大権現御神 安永二年(1773)六月山森村 願主 久左衛門)
クリックすると元のサイズで表示します

古和木大権現(若狭国遠敷郡の延喜式内社・許波伎神社)
クリックすると元のサイズで表示します

綾部いや世界の霊場「弥仙山」については下記をクリック願います。
http://www.eonet.ne.jp/~misensan/



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ