2018/6/4

京丹波を見る!古義真言宗で国重文の大門(仁王門)を持つ九品寺!  文化財研修記

京都府南丹市園部町船坂大内47−1には古義真言宗で国の重要文化財の大門(仁王門)を持つ九品寺(くほんじ)がある。弘仁元年(810)弘法大師の開基と伝え、承暦3年(1079)に白河天皇によって開山された。別称として「船阪観音」とも呼ばれている。寺伝によると、『承暦3年(1079)に皇后藤原賢子が難産で義範という僧に祈祷させたところ、西の方向に金色の霊光があり、山上に三面千手観音菩薩の尊像が出現するのをみて、天皇は霊地に伽藍を建てて本尊とされた。皇后賢子は無事に皇子を出産、白河天皇は、阿弥陀堂・鐘楼堂・五重塔・経蔵・護摩堂・仁王門を建立された』という。その後、南北朝から戦国の戦乱によって、本堂と仁王門を残して焼失、衰微していたのを、元和9年(1623)園部藩主小出吉次公が再建した。又、第二次世界大戦後には大門(仁王門)を残して荒廃、無数の寺宝が流出したといわれている。

1.見事な大門(仁王門)を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

2.駒札(画像をクリックすると拡大して読めます!)
クリックすると元のサイズで表示します

3.阿形の仁王像
クリックすると元のサイズで表示します

4.吽形の仁王像
クリックすると元のサイズで表示します

5.山の中腹の本堂へ向かう!
クリックすると元のサイズで表示します

6.山門
クリックすると元のサイズで表示します

7.山門をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

8.鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

9.本堂への登り参道
クリックすると元のサイズで表示します

10.観音像
クリックすると元のサイズで表示します

11.本堂
クリックすると元のサイズで表示します

12.宮内庁の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

13.覚行法親王廟
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ