2018/5/30

京丹波を見る!足利尊氏公が夢窓国師を開山として創建した普済寺!  文化財研修記

京都府南丹市園部町若森庄気谷76には曹洞宗でご本尊を聖観音菩薩とする普済寺(ふさいじ)がある。本寺は平安時代に天台宗寺院として創建されたとも、足利尊氏が夢窓国師を開山とし、その弟子となった千種姫(尊氏の妹)を開基として創建されたとも伝えられています。その後荒廃し、江戸時代になって寛永11年(1634)に亀山(現亀岡)城主菅沼織部正定芳が天外梵舜禅師を招いて復興し、曹洞宗に改めました。仏殿(観音堂)の建立年代は南北朝時代と考えられ、大きく反り上がる軒、中央が盛り上がる火灯(花頭)形の窓や波状の連子(れんじ)が入る弓欄間など、典型的な禅宗様の仏殿として貴重な建物であり、国の重要文化財に指定されています。仏殿は桁行3間、梁間3間、単層、入母屋造の檜皮葺です。(境内の案内板より)本殿の本尊は聖観音菩薩像で、仏殿(観音堂)には十一面観音像、右脇侍に千種姫像、左脇侍に地蔵菩薩像が安置されています。京都府指定文化財の鰐口は、もとは籔田神社に奉納されていたものと言われています。

1.普済寺の標柱
クリックすると元のサイズで表示します

2.普斉寺楼門を参道より見る!
クリックすると元のサイズで表示します

3.楼門 
クリックすると元のサイズで表示します

4.楼門から本堂を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.本堂と茅葺の禅堂(左)
クリックすると元のサイズで表示します

6.本堂の扁額
クリックすると元のサイズで表示します

7.千種姫(尊氏の妹)の五輪塔
クリックすると元のサイズで表示します

8.本堂から仏殿への下り石段
クリックすると元のサイズで表示します

9.仏殿の駒札(画像をクリックすると拡大し、読めます。)
クリックすると元のサイズで表示します

10.国の重要文化財の仏殿
クリックすると元のサイズで表示します

11.仏殿内
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ