2018/5/20

京丹波を見る!京都三龍寺の一つ亀岡市の古刹・龍潭寺!  文化財研修記

京都府亀岡市の行者山(431m)の麓の稗田野町太田東谷40にある金剛山・龍潭寺(りょうたんじ)は、1400年代に臨済宗妙心寺派の祖・雪江宗深禅師が開創した大梅寺を始まりとすると伝えられている。1489年火災で焼失したが、1497年細川政元の支援を得て、雪江禅師の弟子特芳禅傑禅師によって再興され、龍潭寺として開山された。京都市龍安寺、南丹市龍興寺とともに臨済宗妙心寺派の三龍寺と呼ばれている。参道脇にある庭園は、岩・石と古木が組み合わされた自然に近い様相を示す境内庭園で、禅宗庭園の枯山水庭園とは趣を異にしている。木々に覆われた境内の静寂は禅寺そのものである。本尊は聖観音で庭園は京都府指定名勝、文化財としては松井雲江像図、特芳禅傑関係資料(府指定文化財)がある。また細川政元の念持仏であった青面金剛童子立像がある。

1.龍潭寺の山門
クリックすると元のサイズで表示します

2.山門をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

3.参道脇の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

4.参道脇の禅宗庭園
クリックすると元のサイズで表示します

5.山門から参道を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

6.両脇の庭園
クリックすると元のサイズで表示します

7.鬱蒼とした木々に囲まれた鐘楼!
クリックすると元のサイズで表示します

8.弁財天堂
クリックすると元のサイズで表示します

9.見事な本堂
クリックすると元のサイズで表示します

10.経蔵
クリックすると元のサイズで表示します

11.経蔵内部
クリックすると元のサイズで表示します

12.秘仏の釈迦如来像は見れないが、観音菩薩像が護っています。
クリックすると元のサイズで表示します

13.天井には見事な竜が描かれています!
クリックすると元のサイズで表示します

14.開山堂
クリックすると元のサイズで表示します

15.堂内の本尊特芳禅傑禅師 (とくほうぜんけつぜんじ)像
クリックすると元のサイズで表示します

16.庚申堂(堂内の青面金剛童子立像は特別に許可を得ないと見れません!)
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ