2018/3/22

京丹波を見る!2の12.白河上皇勅願により創建の曹洞宗の新宮寺!  文化財研修記

京都府船井郡京丹波町豊田新宮谷67には曹洞宗の古刹の新宮寺(しんぐうじ)がある。新宮寺は、1090年白河上皇の勅願により新宮重利が熊野権現を祀る社を建てたのが始まりと伝えられる。室町時代に竹翁和尚が再興し、曹洞宗新宮寺を開いて権現社との神仏習合となったといわれる。地元では子安権現と呼ばれ、権現信仰が続いている。山裾の自然と調和した境内は趣があり、静かな空気に触れる空間である。本尊は釈迦牟尼で、文化財としては不動明王坐像:府指定文化財、藤原時代、熊野十二所権現本地仏像:府登録文化財、権現堂:町指定文化財、法華経:町指定文化財がある。

1.新宮寺の全景
クリックすると元のサイズで表示します

2.本堂及び子安権現参拝口
クリックすると元のサイズで表示します

3.見事な山門
クリックすると元のサイズで表示します

4.子安権現参拝口
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な本堂
クリックすると元のサイズで表示します

6.本堂から見る風景1.
クリックすると元のサイズで表示します

7.同上2.
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上3.
クリックすると元のサイズで表示します

9.同上4.
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ