2018/2/27

京丹波を見る!2の6.南丹市八木町にある古社の式内論社・荒井神社!  文化財研修記

京都府南丹市八木町美里には式内社論社で、旧社格は村社の荒井神社(あらいじんじゃ)がある。祭神は荒魂神。物部氏祖神・宇摩志麻遅命とする説もある。創建は不詳。『日本三代実録』元慶6年(882)10月9日条に、従五位を授けられた丹波国荒井神の記載があり、その頃の存在は確認されている。当社が旧船井郡内の古社であり、また当地を「志麻郷」と言ったことなどから、平安時代中期の『延喜式神名帳』に記載される式内社「丹波国船井郡 嶋物部神社」の論社とされている。当社には隣接して西光寺があり、神仏分離までは当社に神官はおらず西光寺の僧が奉仕していた。永正16年(1519)、永禄9年(1566)、明暦3年(1657)には建造・補修がなされており、棟札が現存しておる。本殿は室町時代後期の作とされる。一間社流造檜皮葺。現在は覆屋内に鎮座する。京都府登録文化財と南丹市指定文化財に指定されている。

1.荒井神社の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

2.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.神社の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

4.手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

5.阿形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

6.吽形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

7.拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

8.拝殿と後部の本殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.拝殿内で掲げられている奉納絵馬の一つ!
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ