2018/2/23

京丹波を見る!2の5.南丹市の東大寺開創の高僧良弁によって創建された古刹の西光寺!  文化財研修記

京都府南丹市八木町美里には奈良東大寺を創建した高僧・良弁によって勝宝8年(756)に創建されたと云う西光寺(さいこうじ)がある。本堂の阿弥陀堂は亀腹其壇(かめばらきだん)上に建ち、入母屋造、桟瓦葺、妻入で正面に唐破風の向拝を付け、擬宝珠(ぎぼし)高欄付の切目縁(きりめえん)をめぐらしている。(南丹市指定文化財)又、京都府指定無形文化財の「六斉念仏」が行われる外陣は見事です。詳細は「駒札」を参照願います。

1.西光寺の標柱
クリックすると元のサイズで表示します

2.参道
クリックすると元のサイズで表示します

3.山門(竜宮門)
クリックすると元のサイズで表示します

4.竜宮門から本堂への参道
クリックすると元のサイズで表示します

5.勤相堂
クリックすると元のサイズで表示します

6.本堂(阿弥陀堂)を見上げる!
クリックすると元のサイズで表示します

7.本堂(阿弥陀堂)
クリックすると元のサイズで表示します

8.駒札(画像をクリックすると拡大して読めます。)
クリックすると元のサイズで表示します

9.アップで見ます!
クリックすると元のサイズで表示します

10.本堂から竜宮門を見下ろす!
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ