2018/2/7

京丹波を見る!2の1.丹波国三大城郭の一つ八木城!  文化財研修記

八木城(やぎじょう)は京都府南丹市八木町八木および亀岡市宮前町神前周辺にあった城です。内藤ジョアンゆかりの城としても有名である。丹波国三大城郭のひとつで、黒井城、八上城そして八木城が数えられている。JR西日本八木駅の南西にある、城山(標高344メートル)にある複合梯格式の山城である。城郭施設の広さは広大で、山頂部に本丸、支尾根筋にも多数の曲輪などの防御施設が築かれている。現在でも、本丸、天守台、石垣といった遺構が地表面から確認できる。ただ、沿革についてはよく解っていない点が多い。八木城の記載されている史料は多く、『太閤記』『明智軍記』『丹波風土記』『丹波興廃記』『籾井家日記』『内藤盛衰記』『八木町誌』等があるが、『日本城郭大系』によるとこれらの史料は原史料の十分な考察がされないまま引用され、それらが更に孫引用され誤りが多いのではないかとされている。また、丹波守護細川氏の守護代をつとめた内藤氏の居城であった他は、その存続期間や城主の系譜については明確でない点が多く、八木城は有名な山城ではあるが、不明な点も多い。元弘3年(1333)足利尊氏が丹波篠村八幡宮での挙兵に応じた内藤顕勝(定房とも)が戦功により船井郡を与えられ建武2年(1335)に八木に入ったのが築城の始まりとされる。明徳3年(1392年)、細川頼元が丹波守護に任命されると、管領として在京を常とする細川氏に代わり内藤氏がこの城を守の護所として丹波を治めた。内藤ジョアンも一時この城の城主でした。


1.城山(344メートル)を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

2.内藤ジョアン顕彰碑
クリックすると元のサイズで表示します

3.八木城への登山口
クリックすると元のサイズで表示します

4.本丸虎口
クリックすると元のサイズで表示します

5.本丸土塁
クリックすると元のサイズで表示します

6.本丸跡
クリックすると元のサイズで表示します

7.屋敷曲輪跡
クリックすると元のサイズで表示します

8.東の曲輪跡
クリックすると元のサイズで表示します

9.八木城跡から南丹市八木町を展望する!
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ