2017/12/31

京丹波を見る!25.菅原道真公を祀る京町天満宮!  文化財研修記

京都府亀岡市京町には菅原道真公を祀る京町天満宮がある。創祀は不詳ですが、縁起によれば、菅公大宰府左遷の時にお供をした春彦なる者、公の死後に形見の木像を御神体にして祀り奉つたのが始まりといふ。戦乱を避けて東本梅の大内村に仮の神殿を建てて安置、春彦の死後は大内村の楽音寺に祀られてゐたが、その後現在地の宝蔵寺境内に遷座した。維新後、宝蔵寺は廃され、天満宮のみが残つたという。旧城下町の京町に鎮座します。この辺りの道路には景観に配慮して石畳やアスファルトではない材質の舗装がしてあり、古い家並みも散見され、なかなか風情があります。本殿は道路の反対側を向いてゐます。また、本殿の道路側に時計が掛けてあるのがモダンな感じでした。境内は児童公園として整備されてをり、境内裏は盛土の塚になつてゐます。境内裏にお墓が残つてゐるのは宝蔵寺の名残りでしょうね。

1.京町天満宮
クリックすると元のサイズで表示します

2.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.同上駒札
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ