2017/11/28

京丹波を見る!16.京丹波市八木町の式内社・船井神社を見る!  文化財研修記

京都府南丹市八木町船枝字才ノ上51には式内社で御祭神の表筒男命、中筒男命、 底筒男命、甕槌命、經津主命、 天兒屋根命、 比賣神を祀る旧郷社で式内社の船井神社(ふないじんじゃ)がある。 道路に面して境内入口の鳥居が立ち、境内は白壁で囲まれている。鳥居の左手に、竹垣に囲まれた祠があり傍らに安倍貞任の腕を祀った腕守社(かいなもり)があり宝筐院塔が祀られている。 鳥居をくぐると、綺麗な境内で参道の両脇に、円柱が二本ある。文覚池が決壊した時に破損した鳥居の足だそうだが幡日佐神社では、大堰川経由で鳥居を幡日佐神社へ鳥居を運ぶ途中、長かったので2尺ほど切って残したものだと伝わっている。 境内中央に拝殿があり、馬の絵や彫刻が奉納されている。 拝殿の後方、少し離れて垣に囲まれた美しい本殿が鎮座している。境内の隅には、磐座とも考えられる船石が祀られている。 最初は住吉明神と呼ばれていたが、保延2年(1136)、国司藤原家保が春日大明神を勧請し、近隣数ケ村の氏神となった。よって、祭神は住吉三柱の神々と、春日四柱の神と合計七柱の神を祀る。 江戸時代には、かやもり明神とも春日明神とも呼ばれているが式内社・船井神社に比定されている古社です。もとは、現在地の西北300mほどの瀛居(おこ)の杜、あるいは太古の森に鎮座していたが慶雲2年(705)、現在地(鹿野森)に遷されたという。左甚五郎作と伝わる拝殿の馬が毎夜抜け出して文覚池に水を飲みに行ったと云う。首に鈴を付けていたので、やかましく、村人は相談して網をかけたところ静かになったと云われている。

1.船井神社の大鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

2.船井神社駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.鳥居を潜ると左側に「腕守社(かいもりしゃ)」の駒札がある!
クリックすると元のサイズで表示します

4.腕守社
クリックすると元のサイズで表示します

5・手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

6.小さいが見事な拝殿(舞殿)
クリックすると元のサイズで表示します

7.小さいが見事な本殿
クリックすると元のサイズで表示します

8.見事な本殿の彫刻を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.摂社三社
クリックすると元のサイズで表示します

10.摂社二社
クリックすると元のサイズで表示します

11.伊勢神宮遥拝所
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ